てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

鹿児島旅行④-2縄文杉コースのウィルソン株

calendar

LINEで送る
Pocket

さあ、トロッコ道終わってーの、こっから山道です。

 

まぁ、いままでも山道やったけど。

とりあえず山道っぽくなります。

なんか、ほんのり白谷雲水峡っぽい。

 

変な杉。

名前は扇杉。

 

山、登るとむくんでくらしい。末端から。あと、こっから、ウィルソン株まで5分位らしい。(近くにいたツアーガイドの話を盗み聞きから聞いた)

 

 

そして、トロッコ道、終わって3,40分くらいのとこ?

 

おっ!!出たー!

 

 

あ、違った、これね⇩

 

 

で、どれ??

わからん。

 

あ、中に入れってことね。よく見たら、でっかい株やん!!

 

 

社さんあり。

 

上にはポッカリ穴があるものの。タダの空。

 

んーこれは、全くわからんね。

 

。。。そう、何も知らあない人はね。。。

⇧こうなりがち。

 

でも、アタシは宿の子に事前に有力情報をゲット済!!

 

そう、コツがあるんですよ。

 

『入って右角でしゃがめ』

 

コレです。

 

ここで上向くと。。。。(写真忘れた。。入って右側のことね)

 

 

パシャリ

 

んーなんか、おしい。

 

お、ここか?  パシャち。

 

 

うぉぉぉーーーぉぉ!できたAー!

 

すてき。

 

ロマンちっく。

 

でも、これってタダの穴やん。なのに見る角度、変わるだけで。いや、変えるだけで、こんなにも見えるモノが変わってくるんだよねー。やっぱし、コレーって勝手に決めつけてモノゴトを見るのはもったいないね。野村監督言うみたいに固定観念と先入観は成長の妨げにしかならんってのは言うとーりとアタシは思うわ。

これって決めて真直なのはかっこいいけど、自分はブレッブレな感じが勝手に自分らしいと思うんで、このまま気にせず生きさせてまいまーす。

 

ハートも色んな形があるよねー。だからコレも、自分がコレって思ったやつが本当のハートなの。

 

⇧うまく取れない言い訳。。。

なんでやろなぁー。撮るポジションが違うんかなぁー。100枚くらい撮っちゃった。。。でも、

 

ベスポジがわからん。

 

アタシの人生と同じやん。。。。

 

あ、あかんあかん。そんなことない!。。。はず。

 

 

定番のやつ⇩

 

なんかテンション上がって、上に行きたくナっちゃった。

こっから縄文杉まで、あと1時間30分くらいらしいし。

けど、大腿筋壊死がひびきだす。。。。

 

しかし、その時。。。

 

ぱっかーん。

やられた。

 

言い訳できちゃった。

 

 

てか、ちゃんと下山できるんか?最悪、裸足か?

 

応急処置はこちら⇩

(下山後のトイレにて)

 

トビウオをオカンが食べたいって言ったんで、ちゃっちゃとおりて、食べに行くことに。

 

 

帰りのトロッコ道はマンネリの嵐。モノの見かたの大切さを感じた、1時間後にはこのザマ。アタシらしくて好き。

 

 

そして帰り道での風景。(行きと同じやが)

 

でも、すんごいミドリー川を発見!!

これキレーすぎ。なんで?こんなとこで、オベント食べたいわー。もうないけど。

 

歩きにくいんでこの橋もこわいー

 

有名な杉ノ前でもアシ上がらず。。。

 

⇧これ、ちょっと有名らしい。

 

おしゃれ洞窟。

 

⇧なんか、コレは3つの杉が重なったとか、どうとか。名前はもちろん忘れまし

 

なんでもない杉

 

 

 

で、無事下山。

 

体力の無さに無念。。

 

帰りはステキナ港の安房でごはんを。。。

が、店が休み多すぎ。

安房栄えてるはずなのに日曜休みが多い。

 

で、見つけたのが居酒屋やしま。

ここで名物を食す。

キビナゴ

 

 

トビウオのてんぷら。

 

念願の首折れサバ

 

 

これは、漁で生け捕りして持って帰ってきて、出荷寸前に、首をイカして送るからこんな名前らしい。

よーするにサバね。

 

港の街だから、魚新鮮!!うまい!!

 

で、安房を最終18:05くらいのバスでとまり木へ。。。

 

ほんで、今夜はぐっすりでした。

 

決して、せめて大王杉くらい見ときゃ良かったなんて思ってません。決して。。。

 

あ、天皇様がくるみたい。

 

 

今日も聞いてくれて、ありがとうでおやすみなさい。

ランキング参加中です。

関係ないけどクリックしてまうとうれしいです⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村


世界一周ランキング

LINEで送る
Pocket

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




Translate »