てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

未承認国家ナゴルノ・カラバフ(アルツァフ)共和国に行ってみた。

calendar

reload

未承認国家ナゴルノ・カラバフ(アルツァフ)共和国に行ってみた。

未承認国家ナゴルノ・カラバフ(アルツァフ)共和国に行ってみた。

 

オハヨウございます。

 

朝6時前。リダの家をでます。そう、今日こそはナゴルノ・カラバフに行きます。6時前でこの明るさなら、夜の時間すんごい短いのね。

 

バスターミナルに向かう途中、すんごい張り紙。放置車でしょうか。700ドルでいいのね。てか、放置してある時点でもう、回収できないよね。管理が甘いね。

 

キリキアバスターミナルに着きました。7時に来てって言われてたんで7時に来ましたが満員になってから出る模様。7時半に満員になってでたよ。5000ドラムのはずなのに荷物台を1000ドラムとられました。。。やられたわ。強気で行かないかんかったです。

 

 

5時間ほどで国境?に到着。と言っても、googlemap上はアゼルバイジャンの領域になります。この辺複雑なんですよね。ココに来るまでは、すごく自然だらけで見応え抜群。まあ、アタシは早起きのせいで爆睡でしたが。

 

ここでパスポートを一旦預けて、何やらチェックして返されます。アタシは事前にビザを取っていたけど、ビザ取ってない人はステパナケルトについてから大使館で取得するみたい。スタンプも押されないしテキトーですね。滞在登録書をなくさないように念を押されました。

 

いい感じに風が吹きましたね。左がアルメニア。右がナゴルノ・カラバフ。アルメニアから切り離された土地を意味するみたいです。ここは国際上はアゼルバイジャン領になっていますが、アルメニア人がもともと多く住んでいたためにアゼルバイジャン人を追い出してしまったみたい。ほいで独立を宣言してしまったようです。この国家を国と認めている国は同じく未承認国家ばかりだそうです。それからも、アゼルバイジャンとは戦争を繰り返していたみたいです。。。んん。。。まあ、詳しくはググってみてください。

 

国境から2時間で首都ステパナケルトに到着です。

スポンサーリンク

エレバンからナゴルノ・カラバフ共和国の行き方

出発場所 キリキアバスターミナルKilikia Bus Stop

料金

5000ドラム(アタシは荷物代で1000ドラム余分にとられました。)

時間

7:30発 14:30着 集まり次第発車。アタシは7時発って言われて7時に行きました。

到着場所 Stepanakert Bus Station

ココに到着しました。

宿の客引きが少々いますがどこも高かったので、有名な宿に行くことにしました。

ナゴルノ・カラバフ(ステパナケルト)の安宿

R&K Hostel

工事中でした。オーナーがいないみたいで電話での対応になりました。従業員は英語がいまいちです。

料金

ドミトリ3000ドラム(4台と3台の2部屋あり)

ダブルベットみたいなのがあったんで、こっちを選びました。

 

共有スペースも広々。

 

簡単なキッチンもあります。十分です。というか、一軒家みたいなんで移動がラクです。というか貸切状態です。

なにより。。。

3日ぶりのお風呂です。

しゃわせ。。。

 

 

さ、このまま観光します。っていっても、、、アタシなにも知らない。とりあえず来てみたかっただけなんで。。。

紛争の跡地になってまだ復興できてない地があるみたいなんでソコに行ってみます。

先程のバスターミナルからバスがでてます。彼らはずっとアタシについてきてくれました。てか、ここの町の人達は急に人懐っこくなりました。ジョージア、アルメニアはシャイな人が多かったんでなんか懐かしい感じです。アジアに戻ったあ感じ。

 

どんぐらい、人懐っこいかと言うと。。。

おじさんが、無理やりアタシに新聞くれて読め読めって感じで言って、読むのを待っている。。。そして、読み方を教えだす。。。。てか、

読めんわっ。

 

さ、301番のバスは30分おきにでている模様。30分でシュシャに着きます

 

 

なんも調べてなかったんで。。。とりあえずブラブラします。

教会を2つ見つけました。なんか真新しいです。

 

 

なんか、不思議な空間もあるし、紛争地跡とは思えませんでしたが。。。

 

やっぱりありました。

 

 

これとか、エチミアジンで見た古代遺跡みたいになってます。

 

 

こんな事は言ってはいけませんが、よくあるものだと思います。復興が遅れていると言うより放置している感じです。観光のために取っておいてあるのでは、とも思ってしまいました。サイテーですねアタシ。後であったロシア人から、今でも毎年何人か死んでいるって聞いて、こんな事を思った自分が情けなくなりました。

 

奥には破壊されたモスクがあります。そうアゼルバイジャン人はムスリム。アルメニア人はキリスト教なんです。なんか寂しくなってきました。アゼルバイジャン人を追い出したんですよね。。。

 

とりあえず片方の塔は登れます。一方はドアが閉まって入れませんでした。

めっちゃ暗い上にホコリ?土っぽいんで気をつけてね。

 

もう一方の塔と街が見えます。きれいな建物もいっぱいあります。

 

ただ、やっぱり、上から見ると悲惨なのはわかりますね。

 

 

モスクの中に差し込む光。どんな気持ちだったんでしょう。同じ土地に住んでいたのにアルメニア人の割合が多かっただけで、少数のアゼルバイジャン人を追い出す。。。トルコに大量虐殺されたってのに、アゼルバイジャン人に同じようなことをしてしまっている。。。。

 

でも、待ちは新しいとこは新しかったよ。コレ、模型みたいな学校。子どもたちもめちゃくちゃ元気。ハローハロー言ってきます。コーカサスではこんなに子どもたちがビビらずに絡んできたのは初めてです。何なんでしょうね。暗い過去があるからこそ。。。ってやつですかね。

 

 

まあ、着いたのも遅かっし、小雨が降ってきたんで、今日は帰ります。帰りはおんなじように来た道を変えるだけです。バスを待っていると、若者が

 

「バスはここで待ってろよ。200ドラムやからな、それ以上は払うなよ。タクシーは高いで絶対乗るなよ、なんか言われたら俺に言えよっ」

 

てずっと言ってくる親切やけど、おかしなこと会いました。彼は途中電話が来て得意の

 

「1ミニッツ」

って言ってどっかいって、そのまま帰ってきませんでした。

ステパナケルトからシュシャの行き方

出発場所 Stepanakert Bus Station

料金

片道200ドラム

時間

30分毎に出発 所要時間30分

到着場所

 

さ、戻ってきました。

ステパナケルトは大学もあるし、未承認国家って言っても、しっかりしてますね。てか、コレどうなってんのほんとに。アタシは意味がわかんないです。法律上はアゼルバイジャンの土地?ほっといていいの??宣言したもん勝ち?アタシも宣言したろかな。。

 

 

コレ中にいっぱい草が入っててうまかったわ。400ドラム

 

で、名物観光スポットに行ってきます。

 

それは。。。

きたーーーー!!!

 

 

 

昔、ナゴルノ・カラバフについて調べたら、コレしかでてきませんでした。インパクト強すぎました。

 

夜はパスタ作りすぎました。郷土料理食べたいけど、店が見つかんなかったです。

 

と。いうか。せっかくシュシャ行ったのに滝に行くの忘れた。もう一泊しようかな、どうしようかな。。。

 

この街は来て一日で言うのもなんやけど、、みんなワクワクしてますね。アタシみたいな外人を見つけると、もう話したくてしょうがない感じ。好奇心がとまんない人ばっかりです。軽めのバングラデシュに来たみたい。

 

さ、今回はインスタ等に投稿を控えてしまう自分がいます。見られたらどうしようって、どう思うだろうって、、、、なんも後ろめたい気持ちはないと思ってたけど、、、アゼルバイジャンに本当に良くしてもらった友だちがいまス。ただ旅して、いろんなものみたいだけやん。ッテ思うけど、彼には隠してしまう自分がいます。

 

なんでやろう。。。て思ったら嫌われたらどうしようってやつですかね。こんな気持久々になりました。嫌われるとかあんまり、しばらくのあいだ、気にならなくなってたので。。。話さないとわからないのにね。

そう、あたしは卑怯者です。

こうやって、これからも生きていくのかな。情けないけど、そんなアタシも好きです。

 

めちゃ雑ですが、おやすみなさい。

 

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す