てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

アゼルバイジャン・カザクからトビリシに騙されながらの国境超え。と、トビリシの安宿

calendar

reload

アゼルバイジャン・カザクからトビリシに騙されながらの国境超え。と、トビリシの安宿

アゼルバイジャン・カザクからトビリシに騙されながらの国境超え。と、トビリシの安宿

 

おはようございます。

 

せっかくなんでAghstafaをちょっと散歩します。

 

このスーパーはアゼルバイジャンでは幅利かせてましたね。ちょっと安いらしいよ、そういえば。アタシは入ったことない。よく見るんやけどね。

 

 

バザールもありました。もんだけしか写ってないけど。。クラシックカーがおしゃれ。

 

 

カザクにはAghstafa駅から行けるよ。通りならどこでも拾って下りれるやつね。

スポンサーリンク

Aghstafa駅ーカザク 行き方

Aghstafa駅

ココが始発と思われる。

料金・時間

0.3マナト 20分程度

到着場所 

カザクバスターミナルQazax Avtovağzalı

チェックアウト12時までギリギリまで粘ってカザクに向かいます。今日はバクーに帰るか、ジョージア行くかでまだ迷っていました。とりあえず最後にバイラムたちに会いたかったんで仕事終わりの15時まで待ちます。

 

最後のドネル。1マナト。カザクバスターミナル前のが一番うまかったです。味もボリュームも、

 

ここのバスターミナル横の2階のカフェではwifiあります。外でも拾えるよ。パスワードは毎日変わるけど、下にいるタクシーの運ちゃんが教えてくれるかもよ。チャイ0,5マナト

 

 

予定より早めの14時半にバイラム到着です。ベンツ乗ってるんですね。今気づいた。

 

 

そして、バイラムのお家に行くことにしました。もう、今日はジョージアやね。庭がメッチャ広い。

 

 

16羽の鶏たちが毎日お卵を出してくれるらしいです。

 

 

そしてたまに、そのオニワさんもいただくらしいです。美味しゅうございます。

 

アイサンはお父さんにイランビザについて色々聞いてくれるし、バイラムは優しくて、メッチャかまってくれるし、クックはご飯がメッチャ美味いし。本当に素敵な家族と出会えて幸せです。

 

 

そしてお別れの時間です。このマルシュで国境まで行きます。

 

 

 

 

 

しかも、バイラムは靴屋さんのオーナです。アタシの靴みて、コレくれました。なんかもらってばっかりや。。。しかも嫁の話やと、今日はすごく仕事で失敗したみたい。それでも笑って接してくれました。。。神かよ

 

 

バイラムは隠れてマルシュ代金の1マナトを払ってました。。。。最後の最後までありがとう!!

 

 

寂しさとは裏腹に爆睡してしまいました。1時間で到着。

ここで両替をしたのですが、レートが悪い悪い。しかもみんなおんなじ数字。

しかし一人の男が、すぐにレートを上げてくれました。正規の額です。変えちゃいました。

 

コレが、とんでもないことになるんでした。。。

 

アゼルバイジャン側はすんなりいきあした。ただ出口ではページ2往復チェックしてました。なんでアタシだけ??アルメリアチェックかな?3分ほど歩いてジョージアの国境。

 

みんなタバコを持ってって言ってきます。なんでやろって思ったら、ジョージアはタバコ高いんだよね。トビリシに来て思った。まとめ買いしとけばよかった。

アタシ、しかも持ってってあげちゃった。そこを見られてたのか、質問責め。

「あいつとは友達ヵ?」

「バスであって仲良くなったよ。」

 

 

「宿の予約表見せろ」

「予約はしてないよ。着いてから探すよ。」

 

 

「ビザは持ってるんか?」

「。。。持ってないよ。アタシ日本人よ」

ジョージアはビザなし一年滞在可能やんけ。。。

 

 

「何しに来たんや?」

「。。。観光。。。」

 

 

アタシだけメッチャ長かったし。。。

 

まあ無事に完了。

変なお菓子も売ってたよ。おばやんめちゃめちゃ売ろうとしてくるけど、笑って流してたら、最後キレた。。。わけわからん。

 

 

タクシーの運ちゃんは相変わらずバスはないのウリ文句。メッチャあるし。ただ時刻は18時前。心配やったけど、ありました。でもトビリシダイレクトではなかったです。待ってればあったかも。

 

国境沿いはやっぱり自然がデッカイね!!

 

で、乗り継ぎのとこで、5ラリ札を出すと。。。

運ちゃん「ダメダメ」

 

 

アタシ「え?。。。」

コレぼったくられるパターン?乗る前確認したしな。。。

 

 

運ちゃん「ソレ、トルコリラやん」

 

 

 

お。お。おーーーまいがああーーーー!!

 

そう。アゼルバイジャン側の両替の彼にしてやられました。まじであいつーーーー!!と言っても、アタシが確認神かったから悪いんやけど。。。。てか、ぎょージアのお金なんて見たことないで信用して舞うし。

コレで今後は入国前にお金の柄チェックが必須項目になりました。みんなも気をつけてね。10ドルの損害でした。あいつ。。。まあ、コレで美味しいもんでも食べてね。

 

近くで両替しました。待っててくれました。ゴメンね。

 

 

コレが本モノのジョージアラリです。もう繰り返さない。。。ちくちょーう。。。

 

 

 

もう、窓からの景色がすでにやばい。都会と古い町並みのミックスです。

 

 

で駅前に着きました。ここがメインになるのかな?バスもマルシュもいっぱいありやした。

 

 

そして宿に向かいます。なんか不雰囲気良すぎて、心配です。

 

トビリシの安宿

Downtown Hostel

門をくぐってなんでちょっとわかりにくいかも。

料金

ドミ5ラリ約225円

wifiがめっか強いって感じちゃった。今まで遅すぎただけかも。ホットシャワーキッチンあるよ。

 

 

ちょこっと、近くを歩きます。もう21時近くになっちゃった。

お。おう。。。

 

 

なんかすごくおしゃれな街に来ちゃったみたい。

ビビってレストランには入れずに、ハムだけ買って帰ってきちゃった。サンドイッチで済ませました。

カザク(アゼルバイジャン)からトビリシの行き方

カザクバスターミナルからマルシュ(1マナト)で1時間。国境越えたとこからアタシは乗り継いで(2ラリと1.5ラリ)で約1時間ちょいでトビリシ駅に到着

出発場所 Qazax Avtovağzalı

料金・時間

1マナト 20分おき程度の出発。満員にならなくても出発してた。国境まで約1時間。

到着場所 

国境の目の前まで来ます。

ジョージア国境からトビリシ

出発場所 

ここからマルシュが出ます

料金・時間

アタシは乗り継ぎだったので2リラ

到着・乗り継ぎ場所

Interurban Bus Service

料金・時間

1.5ラリ 約30分

到着場所 Station Square

マルシュの運ちゃんに言えば親切に教えてくれるよ。

以上。参考になれば幸いです。

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す