てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

トビリシから世界遺産の街ムツヘタ観光

calendar

reload

トビリシから世界遺産の街ムツヘタ観光

トビリシから世界遺産の街ムツヘタ観光

 

オハヨウございます。

本日は近くの世界遺産の街に行ってみます。

 

まずはDidubeのバスターミナル。というか、マルシュがいっぱいあるとこに地下鉄で行ってみます。

 

宿からも最寄りのメトロ駅でカード購入。カード買わなきゃ乗れない感じなのかな。バクーでも、余らかしちゃったし、あっっまこのタイプは好きくない。

と思ったら、返金可能な感じでした。レシートなくさないでねって言われた。お金帰ってくるのね。しかしデザインがおしゃれ。

スポンサーリンク

トビリシの地下鉄カードの買い方。

購入場所

各地下鉄駅の窓口

料金

3ラリ(カード代2ラリ+1ラリ分のチャージ分)

乗者は1回0.5ラリ。バスも使えるよ。

※レシートをなくさないように。窓口でカード返せば、カード代チャージ分を返してもらえるよ。

 

メトロは綺麗な感じ。この作り多いよね。

 

 

こんな看板もあるからわかりやすいです。優しい。

 

 

駅の東側にマルシュが大量にあります。ここから各地方にマルシュが出てます。いくつか管轄があるみたいで聞けば乗り場を教えてくっるよ。

 

 

ムツヘタ行きのチケット売り場です。ここでカズベキのチケットも買えるよ

 

 

人数が集まり次第発車です。全く読めません。すぐに満員になりました。

 

トビリシからムツヘタの行き方

出発場所 Metro StatioDiduben 

この辺にいっぱい人いるんで聞けば教えてくれます。

料金・所要時間

1ラリ約45円 片道30分程度。満員になり次第発車

到着場所 

ココにも止まるのでのでこのへんで降りると良いかもです。もっと北に行きたい方は乗り続けれ良いよ。

ちなみに

ムツヘタからトビリシの帰り方

出発場所

行きについた場所は一方通行のため、帰りは違う場所です。この通りにいれば拾えます。帰りも同じく1ラリです。お金は降りる時に払うよ。チケットはありません。

 

 

30分程度でムツヘタに到着。意外と街は新しい感じがします。

 

 

裏路地に入ると雰囲気ある感じ。アタシが通ったら窓閉められました。ごめんなさい。

 

 

お土産屋さんがたっぷりあります。世界遺産なんでがっつり観光産業に気合入ってますね。

 

ツボとか剣とかいっぱい売ってるよ。ツボとかほしいけど、買ったら絶対、日本まで無事にもって帰れないやつです。

 

 

そしてここが入り口。観光客がいっぱいいます。

ジワリ修道院まで15ラリでどうやってタクシーの運ちゃんが勧めてきます。アタシは行かなかったけど。

だって、その山に登ったら、それが見えなくなっちゃうからねえ。まあ、教会ばっかは飽きちゃってましたから。でも、すごい場所らしいのでぜひ行ってみてね。

スヴェティツホヴェリ大聖堂

 

で、でかい。。。

 

 

世界遺産です。なんかデッカイね。歴史を感じます。中に入るときは女性は頭にスカーフ、男は帽子取らなきゃ駄目よ。

 

 

世界で初めてキリスト教を国教に定めた国。さすがです。ジョージアの教会はどこでも入れるけど、みんな真剣な人が多いんで、一応邪魔にならないようには気を使ってます。

 

この顔だけ削ってある。なんででしょう。教えて。まずどうググっていいかわかんない。全然ヒットしませんでした。。。

 

 

次に向かったのが

Samtavro Convent

ここも世界遺産らしいです。ちょうど、ミサみたいなものをやってました。みんな歌めっちゃうまい。てか、厳かな感じは苦手かもです。

 

隣には小さな教会?もありやした。

 

中はこんな感じ。2,3人入ったらぎゅうぎゅうの感じ。アタシはこっちのが落ち着く。まあ、キリスト教徒やないからしょうがないよね。

 

北の方にお城みたいのが見えたのがちょっと気になります。

 

ジワリ修道院

ほいで、コレがジワリ修道院。いい眺めですね。あそこまで行くにはタクシーで15リラ前後で行けますよ。客引きの運ちゃんはいっぱいいます。アタシはココで眺めてるだけでお腹いっぱいです。

 

てか、教会、教会、教会。。。

 

いや、素敵なんだけどね。素敵なんだけど。。。飽きちゃうよね。

 

そんな感じで、半日でトビリシに帰ってきちゃいました。

 

お昼からはトビリシのオールドシティを楽しみます。

 

 

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す