てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

トビリシで温泉!!?銭湯??に行ってきたよ!!

calendar

reload

トビリシで温泉!!?銭湯??に行ってきたよ!!

トビリシで温泉!!?銭湯??に行ってきたよ!!

 

オハヨウございます。

何もすることもなく、カズベキに行こうかと考えつつ、結局お昼前までダラダラしてします。アタシの駄目なとこ。

 

朝はもっぱら自家製ハムサンド。スーパーで100円ハムと20円位のパン。重宝してます。10日分くらい作れます。

 

 

 

なんか、トビリシに温泉。というか、銭湯があるみたい!!そんなん、日本人なら行ってみたいって思っちゃうよね!!

ということで、行ってみます。

 

と、その前に。。。ちょっと贅沢しに、北のレストランに行きます

スポンサーリンク

Churi

日本人に人気のこのレストラン。ジョージア名物のシュクメルリ!!

 

ここで、お隣さんの宴会に誘われます。てか、まだ12時前なんですが。。。

 

 

ナシのレモネード。いや、梨やでナシレード??てかレモネードって何??激ウマでした。かグラスに入ってるのはワインかウォッツカかわかんないけど、酒です。

 

ごはんもいろいろ頂いちゃいました、サーモンやら、オーストリ、レバーなど。最高ですね。もう俺らはお腹いっぱいだからって。

で、酒もしこたま飲まされました。

ジョージア語オンリーでした。

 

ジェスチャーだけでなんとかなるんですね。ごちそうさまでした。

 

で、お腹いい具合の時にきちゃいました。。

 

シュクメルリーーー!!

いや、話には聞いてたけど、でかすぎる。みんなお腹いっぱいで食べれないって言うし。15ラリ約700円。お高いけどうまいんです!!CHICKENにたっぷりのにんにく!!こんなんお酒が進んちゃいます!!

彼らはどんどんお酒注いでくるし。基本は一気飲みです。ジョージア人強すぎる。。。

 

 

まあでも、一番テンションが高かった人が。。。

 

こうなってました。ここは万国共通ね。調子乗ってこうなるタイプ。同じ匂いがします。

 

さあ。お酒たらふく頂いて千鳥足で温泉に向かいます。

 

フラフラなんですべてが気持ちよく見えて気持ちよく感じました。ちょうど銭湯で酒抜けるし、ココからは徒歩1時間くらいあるんでちょうどいいね。

 

旧市街に近づいてきました。

なんか、ヒルしか思いつかないこの形。アタシは川育ちなんでヒルとともに育ってきたと行っても過言ではありません。ヒルに血を吸われてた毎日が懐かしいです。そんな気持ちにさあせてくれる建造物です。

 

近代的な建造物を抜けて昨日行ったナリカラ砦のふもとを目指します。

 

 

ココです!!なんか硫黄の匂いがすでにプンプンします。

 

 

しかも、この丸みがおしゃんです。何なんだろうね。おっぱいにしか見えない。

 

 

なんか、こっちは個室の予約制のお風呂みたいです。高いんでアタシはいけませんが。

 

 

ココが安い公衆銭湯の模様!!

トビリシの温泉銭湯

No 5 Sulphur Bathhouse

料金

5ラリ約230円

 

 

さあ早速突撃でう。

男性用と女性用があるんで間違えたままずいです。ジョージア語なんでわかんないけど、聞きましょう。まあ、間違えたとしても、止められるだけなんで大丈夫です。

ロッカーはこんな感じです。まさに銭湯みたいな感じですね。鍵は付属の南京錠があるんでソレで締めます。開けるときはおっちゃんがいるんで、言えば開けてくれます。

ただ、、、

全部おんなじ鍵なんです。

 

作業効率が良いですね。盗難が心配な方は自前の鍵を持ってくと良いかもですね。

 

海外の温泉って水着着用とか多いけど、ここはなんと、、、

 

マッパOKです!!

 

これは嬉しいですね。

中は銭湯をイメージしてもらえばいいです。中には裸の王様がたくさんいたので写真は控えました。

まあ、しかし、文化なのか、ジョージア人は北京ダックのようにおかぶりしてる方が、ほとんどでした。あと、異常にに金○玉が発達してる方の割合も多いです。イラン系の人は水着を着てました。だから、ほとんどの方がマッパです。国民性ですね。他国の文化に触れるのは良いことですね。

 

中央にプールのシャワーみたいなのがあります。水とお湯が出るのですが、お湯は温泉です。硫黄のにおいしまくります。

湯船は6人くらい入ったら満員になるくらいの大きさです。

 

しかも、、、

サウナがあるよーーー!!

 

最高ですね。朝からめっちゃ飲まされたんで一気に酒抜けますわ。

 

気持ちよく宿に帰ると。。。

 

ワインいただきました。ここの宿のおとなりさんのホームメイドらしいです。

 

個々の宿のスタッフは英語も勉強中で、普通にアタシのことを「ちんちゃんちょん」って言ってきます。差別用語なんですよね。仲良くしてくれて悪気がないんで可愛いです。

てか、アタシ気にならんのやけど、その「ちんちゃんちょん」ってそんな差別用語なのかな。むしろ響きとか可愛いと思うんやけど。アタシが馬鹿なだけなのか、全く気になりません。ソレ言われて興奮する人はどんな気持ちでムカつくのかな?たとえ、悪い意味であったとしても、アタシその言葉使ってないからわかんないんです。

どうすればいいアタシ??

 

まあ、そこの含めてみんなでワインパーティーいただきました。ごちそうさまでした。

 

一日中、お酒頂いてた一日でした。さすがワイン発祥の地です!!

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す