てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

タージマハルはミーテールダーケー。の失敗。

calendar

reload

タージマハルはミーテールダーケー。の失敗。

こんばんは。現在リアルタイムはゴアです!ビールに税金がかかってないとか、どうとかで、ビール安いっす!ありがとうございます。このまま、ダラダラしたいけど、暑さと潮風のベタベタがつらい。さすがオフシーズン!

 

では

タージマハルはミーテールダーケー。の失敗。

 

おはようございます。

 

 

 

時刻は8時半。時間どおりに到着しました。2時間の遅れを取り戻すとか、すごいと言うか、本気出せばもっと早く運行できるんやないか??

 

 

朝は駅出てすぐにおじいちゃんにビリーくれって言われて断ったら、帽子取られて、二人で『ちょーー、ちょー』いいながら取り合いしてまあした。ポリスが一喝してくれてことをなき得ましたが、ちょっと楽しそう、この街。

 

 

 

でも、この閑散とした感じ。

 

 

 

客引き少なめ。押しも弱い。街もきれいになってるね。

 

 

 

 

タージマハルの近くまでリクシャーで。50ルピーが相場みたいやけど、60ルピーで。

 

着いたのはここ⇩

こっから歩いて宿まで行くよ。

 

 

 

ところどころチェックポイントみたいなのあり。

 

 

 

 

 

記憶が曖昧なのか絶対的に10年前より道とか街がキレイになってる気がする。。。

 

で、本日のお宿!!

スポンサーリンク

アーグラの安宿情報

Big Brother Hostel

料金

ドミ6ベッド130ルピー

※4ベット170ルピーらしいけど、スタッフがこっちのがお得やろって言うくらい良心的なスタッフ

 

屋上もいい感じに仕上がってるよ。

 

 

タージマハルは12年前に来たから中には入りません。1000ルピー(1700円)かかるから入らないって小さい男なわけではない。。。たぶん。。。

 

でも、せっかく来たから入れよって感じよね。

 

宿の人が無料のビュースポットを教えてくれたんで行くよ。

 

 

ここのゲートの奥

 

 

 

一面に広がるヤムナー川??そしてその左手には。。。

 

 

 

おおおおおおおおお!!

 

マハル!!ターーーージ!

 

やっぱすげー。

 

中にはいりた。。。。あかん。

隠れスポットを探すんだ。

 

 

有刺鉄線際にあぜ道をハッケン!!いくでしょ。

 

 

 

 

おおおお

 

これ。。。あと少しで正面やん!!いったるでーー!!

タージマハルからはインド人観光客が不思議そうにアタシを見てる。。。

 

 

 

もう少しで正面。。。

 

 

『ヘイ、ガイ!! 戻れよ。』

 

 

。。。

 

 

 

なんかいかつい。鉄砲持ったポリスが有刺鉄線の中から近づいてくる。。。

 

 

別に中入ってないでいいやん。と思いつつも戻りやす。後少しで正面やったのに。

 

 

で戻ると戻ったで、外側の見回りのポリスが笑いながらまってる。

 

 

 

やべ。

嫌な予感。

 

 

『100ルピー』

 

 

や、やっぱりーーー!!

 

でも、意外に少なめ。しかも、この寺院にお布施やで、その神様の前においておけって。やっぱ、なんか、厳しくなったんやね。チクられたらアカンのやね。アーグラも変わっちまったわ。丸くなった。

 

やで、一緒にお話することに。肩をもんであげたり、日本について教えてあげたり、ヒンディー語を教わったり、ポリスを褒めたり。

 

 

やたら、エロ動画はないかって聞いてくるとこが可愛い。

 

 

 

で、無事脱出!!

 

 

で時間があるんでアーグラフォートへ行ってみるわ。

 

 

 

途中、少年から吸いかけのタバコをもらう。アタシそんな可哀想に見えるのかな。

 

 

 

街ん中もおしゃれというか

 

 

迷路みたい。この先に、道があるなんて思いもよらんかった。地元民が教えてくれたけど。一気に正門に出るよ。

 

 

 

 

 

 

徒歩で40分位かな?看板ゲット!!

 

 

 

 

おおおおおおおお!!

 

 

 

 

 

すごいな、結構。

 

 

入口にチケット売り場有るんで寸前まで行って記念撮影せて戻りやす。500ルピーやっけ>約800円

アーグラ城塞

けっこう、ここ好きかも、中に入りたいとは思わんけど。

 

 

 

帰り道は道に迷って、小さな村に。

 

 

 

でも、おしゃれな神様に出会えたんでよかっとよ。顔多すぎやろ!!

 

もしかしたらビューポイントかもと思いきや。。。

 

 

 

アタマ3つだけいただきました。

 

 

 

こう言うのにすぐ食いついて、水補充しちゃうからいつも、お腹がやられちゃうんかなあ。でも、うれしいもん。水すぐなくなるし。

 

 

 

これが正門。なんかやたら人が多いなあ。まあ、インド人は安いからね、入場料が。。。。しかし。この考えが、この時点で疑問を感じなかったアタシを、殴ってやりたい。。。

 

 

 

で、ここのラジさんが優しい人で無理やりかわせようとしない。日本人のメッセージノートもいっぱい。ちゃいもおごってくれる。アタシはその優しさ、有り難く受け取り、一緒に話したり時間つぶしにしてました。まあ、観光客もいなくて暇なのはお互い様。で、普通の日本人はその優しさに心打たれて買い物するみたい。実際、カッコイイ石いっぱい持ってたし。まあ、アタシはタージマハルにinしないくらいやで意志は固いよ。石なだけに。てらぺろ

 

あ、ここ、おすすめよ。

 

 

で、夕日のタージマハル見たくないですか??

 

 

アタシは見たい。

 

 

やで、テラスの有るレストランへ!!

タージマハルの見えるおすすめレストラン

Hotel Saniya palace

ここオススメされていってみた。あんま期待してなかったけど。。。

 

おおおおおおおおお!!

ちょ。いいやんけーー!!

メニューも

意外に良心的。ロティやドリンク飲みで安く済ますのもありやけど。まともな飯食ってないんで

 

 

 

 

奮発して100ルピーフライドライス。170円。あんま食べれんからね。

 

 

ほう。

 

 

この町並みとタージのハーモニー。っどうよ

 

 

いいね。ただ、、、

 

 

夕日はこっち側で、タージマハルと重ならないことに気づく。。。

 

 

 

夕日、とおっ!!

 

 

やで、急いで食べて、最初に言ったリバーサイドのビューポイントに!!

 

 

かわらず。。。。

 

ただ、この対岸の向こうから見たらキレイそう。でも、遠いでいいや。

 

タージマハルってお妃様のお墓なんだよね。で、対岸に自分のお墓をブラックタージマハルを作ろうとしたら幽閉されちゃったって。うる覚えやけど、そんな感じ。なんかロマンチックyね。また、この願い叶わなかった、ココロザシナカバってのがまた、もどかしくて素敵。アタシも奥さん出来たらタージマハルの向かいに作るわ。いや。そんなんお墓なんて寂しいわ。やっぱやめとく。

 

 

 

せっかくなんで、川の畔の水たまりに埋まってる神様にお祈りして、

 

昼の見張りのポリスに敬礼して帰ります。

 

 

なんか、やっぱりきれいになったと思ってラジさんに聞いたら、前の大統領がキレイにしたんだって。今の大統領はダメだって。そんなもんなんね。この道を歩いてると、もう本日で5回は声かけられたにーちゃんが

にーちゃ『タージマハル行ったか?』

アタシ『うん。外から見ただけ』

にーちゃ『え?なんで?今日、入場無料の日なのに??』

アタシ『うん。ここ来るの2回m。。。。』

『うええええーーーー!!!????!!!』

 

 

 

『まじで???』

 

 

やで、あんなに人が並んでたんや。。。

その話聞いて、なんでいかんかったんや、この人みたいな、野次馬ができる。。。

 

てか、にーちゃん、会うの何回目やて!!云えよーーー!!

 

そんなこんなでただなら喜んで入ろうとするアタシはどうなの。

でも、チケットも普通に買えちゃうらしいから、知らない人は買っちゃうみたい。よく分からん仕組み。かってる人見たし。アレは違うのか?時間限定か??

 

行かない予定やったのに、その情報を知ってしまうと悔しくなるっていう、なんて勝手なアタシなんでしょう。知らなければよかった。いや、最初から知っていて、無料で入りたかった。やはりそうなのね。

 

きっとアタシは1000ルピー1700円払うくらいなら外から見て十分やわ。でもただなら入りたい。っていう邪な気持なのね。いつかこの貧乏性が。。。いや、きっとプラスに働くわ。金持ちに離れない発想やろうけどね★

 

 

でも、充実した一日やったんでティケ!!

 

明日はどうしよう。

 

ジャイプール向かうかね

 

 

ちなみに

同じ敷地にあるのに左の冷蔵庫のほうが同じ商品でも5ルピー安いっていう新しいビジネススタイル。

 

 

コーラで締めました。

 

 

本日もありがとうございます

 

 

 

ランキング参加中!!

世界異臭にいきます。愛の一票を御願いします。後悔してないもん⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す