てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

シーラーズ観光ピンクシリーズ①ピンクモスクのロマンチックステンドグラス。と安宿

calendar

reload

シーラーズ観光ピンクシリーズ①ピンクモスクのロマンチックステンドグラス。と安宿

シーラーズ観光ピンクシリーズ①ピンクモスクのロマンチックステンドグラスと安宿

 

オハヨウございます。

バスターミナルでちょっと寝過ごしちゃいました。時刻は6時半。このままピンクモスクに向かいます。

 

そう、シーラーズといえば、ピンクなんです。勝手に命名します。まずは第一弾のピンクモスクに行ってきます。なんでも、朝日が差し込む7時半位が素敵なロマンチックタイムだとか。。。

 

こちらのシーラーズもヤズドのような旧市街が素敵です。

 

こちらがピンクモスクです。バスターミナルから2km弱。一番乗りと思ったら、誰かが門で寝てましたね。彼は普通に寝てる人だったんで、アタシが一番乗りです。7時ちょい過ぎなんでいい時間帯です。

 

門に描かれているお花もすでにロマンチックマンマンですね。

 

しかし。。。

 

8時になっても門は開こうとしません。団体客もいっぱい来てるのに、みんな、ブーブーいいません。こんな大事な時間なのに。。。

気いてみると8:30開演らしいのです。。。

 

そんなん、おそすぎやん!!!

 

アタシ一人でなんか、興奮してました。

団体のお客様たちはアジア人が珍しいのかアタシに興味を示してくれます。しかも、日本人ってことでさらにビビってます。そんなに日本人に見えないのでしょうか。。。。

こんなにイランで観光客を見たのは初めてです。さすがシーラーズ。

話によると、中国、フランス、ドイツの順に観光客が多いみたいですね。

 

まあ、時間があるんでパンを買いに行きます。

定番のやつ。15000リアル約15円。熱々出来たて。これ好きです。

 

戻ってしばらくすると、門は開かれました。もう8時半よ。みんなの余裕な感じの気がしれません。。。

 

さあ、どんな感じでしょう。。。

 

 

。。。

 

 

おおおおおおおおおお!!!

 

これやば。

 

もう。ため息しか出ませんね。この朝日の差し込む感じが素敵です。冬場で7時頃ならもっと最高らしいです。でも、アタシは十分すぎるほど満足してます。

 

 

もう。写真なんて何枚撮ってんだってくらい取ってます。なんで、無駄に乗せます。夜行バス明けで辛いはずなのに、ずっとココにイタイです。ただ、眠くて動きたくないだけかもしれませんが。。。

 

 

ただ、めちゃ人います。まあ、アタシもその一人ですが。

 

外観もなかなかなものです。

 

 

ステンドグラスに目が行ってしまいがちなんですが、モスク自体もきれいです。

でもやっぱりステンドグラスだよね。

人間です。しょうがないです。本音でぶつかりましょう。

 

スポンサーリンク

マスジェデ・ナスィーロル・モスク(ピンクモスク)

料金

300000リアル約300円

時間

8:00-17:00って書いてありましたが開館したのは8:30.。。

 

さあ、満足したんで宿探しです。

 

いくつかあたったけど、だいたい8ユーロです。多少の値下げはしてくれます。多分ラマダンなんでオフシーズン扱いなのでしょうか。

 

ヤズドであったドイツ人が教えてくれたとこにしました。

シーラーズの安宿

Sirah Hostel

google.mapで表示されてる場所は間違ってます。道挟んで向かいです。細い道なんでちょっとわかりにくいです。

料金

ドミ朝食付き700000リアル約700円約5ドルです。

言い値は8ユーロでした。このへんの宿は8ユーロが多いですが、ラマダン時期でオフなんで5ドルまでは簡単に落とせます。それ以上は申し訳ないんで。。。

 

 

ここもすごくいい雰囲気です。スタッフもボス以外は英語できないけど、優しいです。

 

朝食も便乗していただいちゃいました。でもヤズドのfriendlyのは及びません。アッコは過去最高かも。。。

 

ちなみにピンクモスクの近くのこのホテルはシングルで朝食付き700000リアル約5ドルでいいって言ってくれました。ラマダン時期なのかすぐに値下げしてくれます。

 

さあ、ではシーラーズの町並みを楽しんできます。次はピンクシリーズ第2段に行きます!!!

 

 

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す