てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

シゲトゥ・マルマツィエイ観光①ブルサナ修道院

calendar

reload

シゲトゥ・マルマツィエイ観光①ブルサナ修道院

シゲトゥ・マルマツィエイ観光①ブルサナ修道院

 

さあ、無事に宿も決まったんで、早速、観光してきますよ↓

https://wp.me/p8Fb8M-5qS

 

シゲトゥ・マルマツィエイはマラムレシュ地方にアリ、いい具合の田舎なんです。なんでも木造聖堂群は世界遺産だっとか。。。まあ、アタシが行くとこはどうなのかはわかんないですが、、、

 

まずはシゲトゥ・マルマツィエイの町並みです。

 

教会ですね。

 

お、立派な教会です。中を覗いてみます。

 

 

いいですねえ。教会はどれもおんなじにしか見えませんがね。

 

 

あ、また教会だぁぁぁ!!!

 

って、もおええわ!!

ごめんなさいけど、感動はコレッポチももうしなくなってしまいました。

 

町並みもヨーロピアンテイストなんですが。。。。

 

かわいいんです。かわいいんですが、、、これっぽっちも心が踊ることはありません。しいていうなら、バックパックを背負っていないことに感動を覚えています。

 

 

こういう、わけのわからんのがあると嬉しいですね。釘が有名なのかな。Google Mapのピンを彷彿させますね。

 

スポンサーリンク

シゲトゥ・マルマツィエイの観光案内所

Centrul National de Informare si Promovare Turistica Sighetu Marmatiei

もうね。最近はまず観光案内所に行きます。こんなに親切で便利な場所はないですよね。ここは地下1階にありました。

ここで、ブルサナ、サプンツァ、ヤシの行き方の情報収集。

まずはブルサナに行きます。時間的にもね。遠い方からいったほうがいいよね。

 

途中には不思議な建物。今までにないのが新鮮。

 

途中に大好きなLIDLを発見したんで70円で野菜補充!!

 

 

そして最安のタバコも発見!14レウ約400円弱。やっと400円きりました。

 

街では普通に馬車が走っています。観光用ではなくガチのプライベート用です。

 

で、コチラのバス停でブルサナ行きのバスを待ちます。

 

意外にも立派なバスが来ました。ほぼ、教えてもらった時間どおり!!

 

途中ブルサナの街を通ります。ここでは降りずに修道院まで行きます。

 

 

ココはブルサナですね。観光地です。40分弱で到着です。

シゲトゥ・マルマツィエイからブルサナ修道院の行き方 バス

出発場所 Statie Kaufland

Kauflandの前です。なお、このバスは駅近くのAutogara Janから出発している模様です。

料金

7レウ約200円

時間。時刻表

アタシは14:00発 14:40頃着 40分弱です。

観光案内所で貰った時刻表です。帰りは最終が19時半くらいにありそうなんで気にしてませんでした。

 

到着場所 ブルサナ修道院の前 Bârsana Monastery

帰りは着いたとこの反対車線で待ってれば問題なさそうです。修道院に聞くのがいいかもですね。

 

 

この門がおしゃれなんですよね。きっとこの木彫りもこのマラムレシュ地方の文化ですよ。きっと、、、

 

中はこんな感じになってます。30分もあれば回れちゃいます。むしろ、時間が余りそうです。無料なのが嬉しいね。

 

 

そしていきなり素敵な建物がお出迎え!!

 

そう、コレが見たかったんですよ。

 

コレがきっとメインの修道院ですよね。

 

だって中がおしゃれですもん。絵が上手やあし。

 

 

社会見学的なので子供が大量に来たんで退散します。

 

なんでもない憩いの場的なのでも、このクオリティ!!

 

 

中には恐れ多い水飲み場。オイシイです。キリスト味。

 

 

なんだかほっこりします。木造の感じがナイスです。

 

 

 

多分、なんでもない感じのサブもこのレベルです。見応えありますね。楽しいです。

 

でも、なんか、この懐かしい感じ。。。

 

 

なんだろう。。。

 

 

。。。

 

 

あ、、、わかった。。。

 

 

我ら岐阜県民が誇る、白川郷ににてるやないですか!!!???

やで、なんか落ち着く懐かしい感じがしたのね。

 

まあ、アタシは南の美濃地方ですが。

 

 

そんなこんなで、そろそろこの場を離れます。

ココでバスを待っていても、あれなんで3kmほど先のブルサナの街の中心の方に徒歩で戻ってみます。そのほうがバスもたくさんありそうやしね

 

 

1kmほど歩いた中途半端な位置にお土産路上店。明らかにターゲットはルーマニアンでしょうね。

 

 

どの家も門がかっこよすぎる。木堀職人に会いたい!!

 

 

伝統的な作りの家ばかりですが、こんなファンキーな情熱的なお家も有りましたよ。

 

 

ここで奇跡が起きます!!

 

続きは次回

 

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す