てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

もう贅沢はしません、マレー鉄道!!深夜特急!!夜行寝台列車の旅!

calendar

マレー鉄道!!深夜特急!!夜行寝台列車の旅!タイ→マレーシアへ

さあ、テライミットもお腹いっぱいで、バンコクを後にしてマレーシアに向かいます!!

 

最後なんでよく屋台で見かけたけど、味が想像できそうなやつを万が一のためにいただきました。

 

想像通りの味

 

 

 

こちらもモチロン。シュウマイまんまです。

 

 

あと、両替もその国で変えた方がいいていうアタシ理論にもとずきやっちゃおうとしたけど。そのため有名な両替所へ

 

 

ちなみにスーパーリッチ?みたいなとこでタイバーツっからリンギットに両替してまおうと思ったけど。できないって言われました。。。

 

ホントかよ。まあ、しゃーなし。やっぱ闇両替やないとあかんのかなあ。てか、今そんなのあるんかね。

 

さあ、フアランポーン駅。

 

 

 

圧がすごいね。

この看板もでかでかと。娘さんかなあ

 

 

クーラがガンガン効いてて気持ちいい。こうなっちゃうよね。

 

 

そして

ラキーNo.3

 

 

 

憧れの深夜特急よ。レストラン専用車両もあった。けど、後ろの方やで一般等級の車両のが有利やし。

 

実は2日前にチケット買っちゃってました。

スポンサーリンク

フアランポーン駅→ペダンバザール

料金

寝台2等 上段870バーツ 960バーツ

時刻・所要時間

15:10発 翌 9:00着

約18時間

 

コレ2日前に買っちゃってました。聞きに行ったら下段埋まってるって言われたんで。

 

でも、別に当日の3等級でもいいかなって、ヤンゴンで30時間、木の椅子で余裕やったし。ローカルな体験できるし、安いし、いいことづく目。しかも、電車は同じなんで到着時刻は一緒っていう!!

 

しかし、あえて贅沢します!!

 

だって、深夜特急読んでなんとなく憧れ。あんま覚えてないけど、違うかもやけど、しかも今はバタワースまで行かないから本と違うし、乗り換えあるし、しかも、マレー鉄道やなくてタイからやでタイ鉄道やし。

 

とにかく感性が大事ってことね★

 

ちなみにネットで3等級のチケット調べてみたら

たぶんfeeいれて500バーツもいかんくらい。昨日聞いたバスも600バーツ前後やったしな。

買い出ししまくっときます。

 

30分前集合厳守です。らしい。

 

めちゃくちゃ豪盛に感じます。この写真では伝わらない、オーラがガンガン出てる。こんなのに座ったらもったいない感じ。

 

 

エアコン付き。快適すぎ。

トイレも洗面台もついてる。トイレはしっかリしたのでした。(アジア基準で)

 

 

おおーー!!

シャワーできる感じか?

 

 

雨降ってきたんで、寝ます。

 

 

19時位からベットメイキング。

 

すごい上手。早い。

 

二階はこんな感じ。

 

 

小物入れもライトもあり。壊れてるけど。

 

 

 

防犯カメラもあり。壊れてるけど。

 

 

 

 

てか

シーツが白い!

 

 

 

今までで一番きれいなベットや!!

 

 

 

アタシのチョー長い足もこの通り、すっぽり収まる広々感。落ちんようにベルトもついてるし。

 

 

 

まあ、贅沢するって決めたでね。

 

 

 

でも、100バーツの差ならオトクさなら下段のがいいね。。。窓もあるし、ベット幅も広いで。

 

 

ただ。。。車両移動する度にプシューってボタン押して自動ドア開けて出ないかんし、外人やからって停まる駅で出ようとするとすぐダメって怒るし。。。

 

寝れて快適やけど。。。

 

 

やっぱミャンマー時みたいな、木の椅子でダラダラ行く方が好きかも。いや、サービスも管理もしっかりしてるから素晴らしいんやけどね。。。。

 

 

やはり、3等級にするべきやったか。。。

 

⇧コレでたぶん2等席。十分いいし!!

 

 

まあタバコも吸えないんで。寝るね。

 

 

 

ちなみにコンセントの場所は上段は17と21の間。その下段が18と22になるよ。もし、この寝台電車乗るなら、この4つの座席がイかすかも!!ちなみに通路挟んで向かいは上段19,23 下段20,24よ。

 

 

 

 

深夜0時くらいにチュムポーン出ました。(写真はフアヒンかも。。。)⇩

 

本日もありがとうございます

 

 

ランキング参加中!!

世界異臭にいきます。もう贅沢はしないので愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す