てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

イスタンブールの廃墟の島ブユカダにショートクルージング。

calendar

reload

イスタンブールの廃墟の島ブユカダにショートクルージング。

イスタンブールの廃墟の島ブユカダにショートクルージング。

 

オハヨウございます。

 

 

 

昨日はエンギンの優しさに包まれて幸せな思いです。こんなあって数分の外人を家に泊めて、メトロではアタシが見えなくなるまで手を振って見送ってくれてました。

アタシもこうでありたい。

 

 

さあ、早速、朝?昼ごはんはいつもの食堂です。ピーマンのご飯詰め。7リラ約140円。これ、激旨でした。ここの店は締めのチャイが無料なのが嬉しいね。

 

今日は島にクルージングして、うまくいったらそのまま、ブルガリアに行っちゃいたいと思います。

 

 

さ、再度トライ!!!

 

 

もう激混みです。

 

 

ここまで来るのに、1時間かかりました。天気は良すぎて暑いし。の、割には夜は寒いくらい冷えるんだよね。昨夜もそうだたけど。。。

 

 

こんなに近い状態で1時間以上の待ち。

もちろんバックパックも持ってるんで辛いし、周りからは嫌な感じで見られます。

 

まわりのトルコ人もイライラしてなのか、ワーワー騒いでいます。もちろん、その矛先はでっかいバックパックもった邪魔な外人のアタシにも向けられます。

無駄にぶつかってきたり、なんか、こっち見て馬鹿笑いしたり。

 

まあ、慣れてるんで大丈夫です。みんなが、みんなそうとは思わないけど、個人的にはあんまり好きやないです。気が短くてすぐ喧嘩するし。。。3回位、殴り合いの喧嘩見ました。

 

 

そして、並んで2時間半位たった頃、ついにゲートが開くみたいです。

 

 

みんな大騒ぎです。

 

 

そして開いた瞬間。。。

 

 

 

一斉に流れ込む。。。

 

 

。。。やばいもってかれる

 

 

 

アタシはデカいバックパックを下ろして前に置いていたんで、流れに飲まれてバランスも崩れて、もう、長さるがままです。

 

 

で、キレてくるトルコ人。わざわざ振り向いて、何やらギャーギャー言ってきます。

 

 

アタシか??

 

 

振り向いてる暇があったら、前、行けよ。ッテ感じ。なんか言ってるけど、押してあげました。いや、後ろから押されるんで、ションないです。殴ってないだけいいですよね。

 

 

とりあえず、改札機の前まで来ましたが、横の凹みに待機してバックパックを背負い直して、いざ入るにも、みんな、アタシアタシ。誰もがそんな感じで突っ込んで行きます。女性の方もそんな感じです。

こういうときに、本性って出るんですよね。こういう事言いたくないですが、個人的に今までの国で一番ひどい民族と思いました。

アタシはトルコ人はあんまり好きではないです。

いや、トルコ人とはわかんないんで、イスタンブールですね。

2,3日あれば十分ですね。長くいると、本性が見えてきちゃうからね。いい人ももちろんいるけど、この状況見ると、嫌いになっちゃう。

 

まあ、2時間半かけてなんとか、乗り場の方にでれました。並んでる方はカオスでした。

 

 

そして出向です。熱射病になる寸前でした。

 

 

中は広々。

 

 

もう、つかれたんで、そのまま、広いシートに座って、外に出ることもなく、涼みながら、優雅に1時間半のクルージングを楽しむ。というか、爆睡してました。

 

 

 

そして、ブユカダに到着。

 

 

 

帰りのことを考えると、ゾッとしますね。もう少し上手にできないのかね。船側も、乗る側も。

 

ブユカダの町並みです。思ったとおりにめちゃ観光地です。

 

 

島なんでもちろんお魚が名物ですよね。

 

 

 

公共機関はない。というより小さな島なんで。必要ないですね。基本は馬車になるみたい。見て、この馬車達。

レンタル自転車屋さんもたくさんありましたよ。

 

繁華街を抜けると、

 

 

おしゃれな町並み。

 

 

 

 

 

折りたたみ式のベンチなんておしゃんですね。

 

 

 

椿?お花もきれいに咲いてます。

 

 

 

そして、すでに廃墟感がでてます。

 

 

 

 

そして、徒歩で30分ほど急な坂をダラダラ登って到着しました。

てか、入れません。。。。もう、19時過ぎてるからでしょうか・・・・

 

しかし、すごいです。今にも崩れそう。

 

 

 

 

周りのどこからか入れないか。探して見るも。。。。

 

 

 

厳重に柵されてますね。

 

 

でも、柵の間に手は入るんで、そこから写真は取れます。なかに、犬がいるんで気をつけてね。

 

 

 

 

中には入れなかったけど、なかなか見ごたえのある廃墟でした。

 

さ、帰りまっす。

 

帰りのフェリーってあるのかな。ここで野宿かな。並ぶのに時間が掛かるでなあ。

 

 

 

この街は猫がいっぱいいます。

 

 

そして、一応夕日を見て。

 

 

お、なんか0時までフェリーはあるみたいですね。どこ行きかはわかんないけど。

 

 

ここでも、ひどかったですね。所々で、いい争いはあるし、殴り合いの喧嘩もありました。職員さん頑張って。てか、英語誰か話せないのかな。なにいってるのか、わかんない。聞きたくて周りに話しかけるも、みんなに無視されます。今回は運が悪い時ですね。

 

 

で、22時頃に船にのれました。今回は1時間半街でしたが炎天下の下やないだけ良かったです。3階席の外で風を浴びながら、帰ります。

 

 

 

いやあ、素敵ですね。外は激寒です。この日中との気温差をなんとかしてほしいですね。

 

 

 

 

夜景はきれいですが、ここでも、喧嘩が。。。なんで、そんなすぐに殴り合いになるの???勘弁してよ。

 

 

 

 

到着したのは23時半。もう、きっとブルガリア行きのバスはないでしょうね。

こんな時間に宿泊まるとなんかもったいない気がするんで、また野宿します。

 

 

 

その前に鯖サンド。うまいですよね。昨日から8リラに値上げしてます。ラマダン明けの休日限定かな??

 

あ。あとこれ、回収方法はトラックのクレーンでこいつ引き上げると。地面からガッツリデカい箱が一緒に抜き出るの!!写真とれんかったけど、衝撃よ!!

 

 

さあ、今日は夜景を見ながら寝ます。駅前の公園です。カップルと寝てる人しかいないんで安心です。

 

スポンサーリンク

廃墟の島ブユカダの行き方 フェリー

どこのフェーリーからも行けるみたいです。が、ここのフェリーが一番安いです。今回はラマダン明けの休日で、ココだけ無料開放してました。

出発場所 Eminonu Pier

料金・所要時間

料金はわかりません。ただ、他の会社よりは安いはずです。

片道1時間半です。

アジア側トルコに一回と島を3回位寄ってブユカタに到着します。

到着場所 Büyükada (Ş.Hatları)

ブユカタから帰りのフェリー時刻表

 

 

 

 

 

ブユカタの廃墟の場所

Prinkipo Greek Orthodox Orphanage

 

以上参考になれば幸いです。

 

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す