てら日記。

世界異臭するかも。。旅にでます。

1日で周るサマルカンド観光①美しすぎるシャーヒ・ズィンダと安宿とか

calendar

reload

1日で周るサマルカンド観光①美しすぎるシャーヒ・ズィンダと安宿とか

1日で周るサマルカンド観光①美しすぎるシャーヒ・ズィンダと安宿とか

 

オハヨウございます。

 

 

夜行列車明けで駅で寝てましたが心地よ過ぎで9時に起きちゃいました。

ココでもいました。バスはないからタクシー乗ってけよドライバー。

まずは次の目的地のブハラ行きの電車のチェック。

スポンサーリンク

サマルカンドからブハラ 電車の時間と料金

時間

9:30発 11:20着

21:00発 22:30着

の2本です。

料金

77000スム約1000円

 

意外と高い。というか、メッチャ早い。希望の2日後がもう売り切れてたんで、もうバスで行こうかなって保留にしときました。

 

で、駅の目の前の広場でバスはやっぱり有りました。3番がレジスタン広場まで行くみたいです。

サマルカンド駅から市内・レギスタン広場の行き方 バス

バス乗り場

この辺の広場です。

料金

1200スム約16円

所要時間

約15分

到着場所(レギスタン広場)

確かこの辺。もうレギスタン広場の目の前です。

 

いやあ、、、、

 

いきなりビビりました。レギスタン広場。。。最初は遠目に見てあえて、後回しにしました。

だってすごいのわかってるから。

 

最初に見ないほうが良いよね。

 

で、まずは宿に向かいます。レギスタン広場から徒歩5分程度の好立地です。

 

サマルカンドの安宿 B&B バハディール

料金

ドミトリー10ドル(booking.comでは11ドル)オンシーズンでなければ予約無しで行ったほうが良いですね。

トイレとシャワーは別です。地下のとこにあります。シャワーの水圧と熱さはめちゃ良かったです。話によると中のシャワーはあんまり暑くなかったって言ってました。

 

中庭の共同スペース的なとこも良いね!

 

ウェルカムチャイ。ありがたいです。

 

朝食はこんな感じ。まあまあかな。はじめての朝食付きのとこなんで、なんとも言えないけど、嬉しいね。

何よりこの宿はレギスタン広場に近すぎるんで観光がしやすいです。

さ、宿の決まったんで、このまま観光にでかけます。すでに12時過ぎですが。。。

 

歩いて10分もしないうちに。。。

ビービー・ハーヌム・モスク Bibi-Xonum

 

お。おう。。。すんごうい、これ。でかいね。この名前はティムールの妻の名前から来てるんだって。

いやあ。きれいね。

 

遠くから見ても、こんなにデッカイのよ。でかい=かっこいい。やもんね。まあ、中には入ってないんで料金はわかりません。内装がきれいなんだろうけど、建物は近すぎると見えないからね。ギリギリまで行ったんでOKです。

 

そしてすぐ横にはバザールがあります。

シヨブバザール Siab Bazaar

人気ありますね。日曜日やでかな。相変わらず試食が嬉しい。

 

ハズレには噛みタバコ屋さんがあります。一応タバコなんでハズレでやってるんでしょうか。

 

次に行ったのが

シャーヒ・ズィンダ廟群 Shah-i-Zinda Ensemble Шоҳи Зинда

 

 

料金

15000スム約230円

個人的に、ココは大好きです。最初は見飽きた感じのやったんで通り過ぎたんですが、なんか続々と入っていくんで、入ってみました。

 

もう大正解です。

 

この階段を登ると。。。。

 

おおおおおおお!!

 

青の世界ーーーー!!!

 

偉い人たちのお墓らしいです。知識が薄い。。。でも、そんなの関係ないくらいですね。

 

 

この近さがたまらんです。

 

うん。好き。お皿にしたい。

 

 

それぞれのお墓の中の内装も違うんで、コレも楽しみなとこでした。

 

途中ですんごい行列が出来てるとこがあったんで、恐る恐る覗いてみると、みんな、いっちゃえいっちゃえって。こういう神聖な場所って外人ってあんまり入ってほしくないやん。でも、みんな、そのへんはテキトーというか、懐が深い。

まあ、ウズベキスタンでは9割ムスリムって言うけど、肉屋さんも多いし、酒も普通に買えるし、タバコもみんなメッチャ吸ってるもんね。いろんな宗派があるもんね。

 

ただ、厳かな儀式が始まりだしたんで流石に途中で自粛して出てきました。

 

ここ、メッチャ好きでした。素敵な青がこんなに近くで挟まれちゃうなんで、もうたまらんわ。

 

ココを出て、そのまま北に向かいます。

ここの道はおしゃれな感じが続きますね。雨が降ったらとろけちゃいそうな、チョコレート系の丘です。道は大きいんで車はユンビュン。歩いてる人はアタシ外人一人だけでした。

 

で、こんなとこまで、歩ききっちゃいました。。。

 

ウルグ・ベク天文台 Ulugʻbek rasadxonasi

料金

25000スム約380円。。。

高い!!!

けど入っちゃいました。

 

天文学者の博物館というか、施設だったとこらしいです。

 

このよくわからんやつ。なんなんやろ。伊吹山の麓でもこんなん見た覚えが。。。ジブリチックですね。

 

コレ、昔はメッチャデカかったみたいよ。40mくらい。あ、これやないかも、わかんない。まあ、こっから、中に入れると思いきや。

 

 

覗くだけで降りれません。でも、ここで、厳かななにかを感じました。

 

たぶん、ココのことやと思う。こうやって測ったんでしょうね。え?何を??

 

 

そう、実はこの人は数百年前に1年を365日と測った人らしいです。しかも、現代の技術で測ったものとの誤差がめちゃちょっと。らしい。(あいまい)そんな時代にすごいね。

 

コレは実は博物館なんですね。あと、ここの右っ側から上がってきたらタダで見えるんやないかな。料金所なかったし。ただ、そんな事したらバチ当たるよ。

 

中には、数々の遺品があります。真剣に走ったら5秒で1周できる広さ。入り口のおばちゃんは、日本のガイドブックにアタシの写真載ってるよって自慢してきます。多分、歩き方のことかな。。。もってなくてゴメンね。

 

さ、ここで観光折り返し地点。ちょっとバス停よってきます。

 

本日もありがとうございました。

ランキング参加中!!

世界異臭に移動します。愛の一票を御願いします⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ランキング 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す